大切なのは二人の気持

結婚が決まって婚約というのは、嬉しいものです。婚約指輪等、どんなものが良いか、考えるのさえウキウキするでしょう。

婚約指輪は女性にとって嬉しいものですし、贈る側の男性にとっても嬉しいものです。だからと言って、見栄を張って高価なものを贈る必要はありません。大切なのは、愛し合っていると言う二人の気持です。一昔前は「お給料の3ヶ月分」等と言う言葉が流行りましたが、今はそんなことはありません。それほど高い婚約指輪でなくても、高品質な物は多いですし、それほど大きなダイヤモンドでなくてもステキで上品な物も沢山あります。女性側もそれほど高価な物をほしいとは思っていないはずです。

一昔前のバブルの頃と比べ、人々の意識は変わりました。特に若い世代の人ほど、良い意味で地味で堅実です。高価なダイヤモンドの婚約指輪よりも新居に座り心地の良いソファを入れるとか、美味しいお料理を機能的に作れるオーブンレンジを買うということにお金を使った方が良いと考える傾向の人が増えています。

それでも、婚約指輪は愛の証ですから、高価でなくてもお二人が満足できる素敵なものを買い、結納の時にでもそれぞれのご両親に見せてあげましょう。ご両親はお二人の愛の証である婚約指輪をこの上ない喜びの気持で見てくれるはずです。そして、ご自分たちの子供を愛してくれる人がいることに感謝でいっぱいになることでしょう。大切な二人の気持を受け止めてくれるのは、お二人のご両親です。

Pocket

Published by