婚約指輪を渡すには

結婚を決めた二人は婚約したということになります。そうなりますと、婚約指輪がほしいところでしょうが、婚約指輪はどのタイミングで渡すものでしょうか。

「結婚して下さい。」と男性が指輪の箱を差し出して女性にプロポーズなんて、映画やドラマにありそうなシーンですが、ありそうでないのが現実でしょう。実際の女性の気持はというと、婚約指輪は自分の好みで選びたいと言う人が多いようです。もちろん、サプライズも嬉しいでしょう。但し、男性側に立って考えますと、予め婚約指輪を買ってプロポーズを断られたら、つらいです。指輪というものは人によって指のサイズが違いますから、次の恋人に回すなんてことはできません。合理的な考えですが、いっしょに買いに行った方がお互いのためでしょう。

婚約指輪を結納の時に渡すという人も多いようです。親御さんの前で渡せますから、彼女はもちろん、彼女の親御さんも喜んでくれるでしょうし、男性側の親御さんも嬉しいでしょう。息子が一人前になって、女性に婚約指輪を渡す場面を見られるのですから、感無量のはずです。親御さんのお気持ちを考えますと、結納のタイミングが一番良いかもしれません。その際のちょっとした演出があったら、両家にとって思い出深い結納になることでしょう。演出を考えるのも楽しいでしょう。

但し、指輪が出来る日が結納の日に間に合うようにお店に確認しておいた方が良いでしょう。

Pocket

Published by