大切なのは二人の気持

結婚が決まって婚約というのは、嬉しいものです。婚約指輪等、どんなものが良いか、考えるのさえウキウキするでしょう。

婚約指輪は女性にとって嬉しいものですし、贈る側の男性にとっても嬉しいものです。だからと言って、見栄を張って高価なものを贈る必要はありません。大切なのは、愛し合っていると言う二人の気持です。一昔前は「お給料の3ヶ月分」等と言う言葉が流行りましたが、今はそんなことはありません。それほど高い婚約指輪でなくても、高品質な物は多いですし、それほど大きなダイヤモンドでなくてもステキで上品な物も沢山あります。女性側もそれほど高価な物をほしいとは思っていないはずです。

一昔前のバブルの頃と比べ、人々の意識は変わりました。特に若い世代の人ほど、良い意味で地味で堅実です。高価なダイヤモンドの婚約指輪よりも新居に座り心地の良いソファを入れるとか、美味しいお料理を機能的に作れるオーブンレンジを買うということにお金を使った方が良いと考える傾向の人が増えています。

それでも、婚約指輪は愛の証ですから、高価でなくてもお二人が満足できる素敵なものを買い、結納の時にでもそれぞれのご両親に見せてあげましょう。ご両親はお二人の愛の証である婚約指輪をこの上ない喜びの気持で見てくれるはずです。そして、ご自分たちの子供を愛してくれる人がいることに感謝でいっぱいになることでしょう。大切な二人の気持を受け止めてくれるのは、お二人のご両親です。

Pocket

婚約指輪を渡すには

結婚を決めた二人は婚約したということになります。そうなりますと、婚約指輪がほしいところでしょうが、婚約指輪はどのタイミングで渡すものでしょうか。

「結婚して下さい。」と男性が指輪の箱を差し出して女性にプロポーズなんて、映画やドラマにありそうなシーンですが、ありそうでないのが現実でしょう。実際の女性の気持はというと、婚約指輪は自分の好みで選びたいと言う人が多いようです。もちろん、サプライズも嬉しいでしょう。但し、男性側に立って考えますと、予め婚約指輪を買ってプロポーズを断られたら、つらいです。指輪というものは人によって指のサイズが違いますから、次の恋人に回すなんてことはできません。合理的な考えですが、いっしょに買いに行った方がお互いのためでしょう。

婚約指輪を結納の時に渡すという人も多いようです。親御さんの前で渡せますから、彼女はもちろん、彼女の親御さんも喜んでくれるでしょうし、男性側の親御さんも嬉しいでしょう。息子が一人前になって、女性に婚約指輪を渡す場面を見られるのですから、感無量のはずです。親御さんのお気持ちを考えますと、結納のタイミングが一番良いかもしれません。その際のちょっとした演出があったら、両家にとって思い出深い結納になることでしょう。演出を考えるのも楽しいでしょう。

但し、指輪が出来る日が結納の日に間に合うようにお店に確認しておいた方が良いでしょう。

Pocket

婚約と婚約指輪

婚約とは、結婚の約束をすることを言います。結婚と違って、籍を入れるわけでもないので、決まった定義はありませんが、一般的な婚約について、ご説明致しましょう。

では、順を追ってご説明致しますと、まずはプロポーズです。最近は人によって、色々でしょうが、男性から女性へという形の方が多いでしょう。プロポーズを承諾してもらうと、双方の親へのあいさつです。日本ではまだ、結婚は家同士の結びつきという考えがはびこっていますし、親戚付き合いも多いでしょうから、こういった親同士の顔合わせは大事です。双方の親に認めてもらうと晴れて婚約者という気持ちになる人が多いようです。親に認めてもらってから、双方で結衣の日取りなどを決めます。

婚約指輪について触れてみましょう。婚約指輪はよくドラマにあるように結婚して下さいと言って男性が差し出すと言うのもステキでしょうが、最近は女性の気持ちを大事にすると言うカップルが多いようで、婚約が成立してから、一緒に買いに行くと言うパターンもよくあります。こういうところは、お二人らしさがでるところですから、お二人のお考えによるでしょう。こうしなければいけないということはありません。どちらにせよ、婚約指輪の相場やデザインについて情報は必要なのでネットなどでチェックすることは大事です。

当サイトは婚約や婚約指輪についてご説明致します。婚約指輪を渡すにはどうしたらいいか、大切なのは二人の気持ということについて、お伝えいたしますので、ご参考になさって下さい。ご結婚をお決めになったお二人のお幸せを願っております。

Pocket